RSS|archives|admin

パステルで猫 まめ君3作目

2014.12.14 Sun
mametachan (4)
「MAMETA 海」 B6 パステル


mamekun (4)
まめ君の後ろ姿に惚れ惚れ


こちらのまめ君の後ろ姿の写真を拝見した時、
なんて珍しく、愛らしい模様なんだろう! と思いました。

で、さっそく描いてみたのが、こちらの絵です。


Pastel (2)
制作途中では、バックが分断され、しっぽが中途半端です


ただし、マスキングテープの色が合うので、
額装のマットは、ピンクが似合いそうと感じました。


Pastel.jpg
額装です、映り込み、ごめんなさい


では、まめ君の美しいお写真を♪


mamekun (2)
美男子!


mamekun (5)
目鼻立ちがいいですね、掌のふわふわしたところの肉球まで、かわいいです♪

(2014.11.09)

Category:猫の肖像画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まめ君2作目 パステルで

2014.10.17 Fri
mametachan (2)
「MAMETA 空」 B4 パステル


mamekun.jpg
まめ君のお化粧は、とても念入りだそうです(^^


新しいスキャナーでうまく撮りこめず、
カメラで写したのですが、絵の色やタッチが出ていませんが……。

最初はバックをコスモス畑と空にしたのですが、
ちょっと雰囲気が甘い感じがしてネコジャラシを1本とパラシュートにしてみました。

Sさんに「エノコログサが秘かにポイント高いですね」と言われ嬉しいです。


ところで、まめ君のとっても美しい毛皮は、
本ニャンが、いつも毛繕いしているのだそうです。

Sさんのメールを引用させていただきますね。


まめ君はきれい好きでいつもせっせと毛づくろいをしています。
はるがたまに頭を舐めてやっていますが、はるのはテキトー過ぎて、
まめ君の毛並みに貢献しているとは思えません。

まぶしい程真っ白な毛皮ですが、短毛でも毛がみっしりと多く、
毛づくろいが好きで、そして毛玉用のカリカリは嫌いで、
換毛期は辛そうです。
早くいろいろなことに妥協できるようになってほしいものです。



そんなに一生懸命舐めているまめ君の体を描けるのは、至福という以外ありません。
猫の絵を描いているときは、自分が無の状態になるくらい集中しています。
そのような機会に巡り合わせていただいたSさんに心から感謝しています。


mametachan (3)
まめ君の形から描きます、肉球と口元がかわいいですね


049.jpg
バックを描いて行きますが、動きを出すために猫本体、雲や草原部分を直します


gakuso_20141017103421471.jpg
額装です、映り込みが激しいですね、ごめんなさい!


Category:猫の肖像画 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

まめ君、美しい猫ちゃんをパステルで

2014.10.12 Sun
mameta-hikari (3)
「MAMETA 光」 B4 パステル



mametakun.jpg
まめ君、気持ちよさそうですね


Sさんの猫ちゃんたち、
先日は、チャーミングな、はるちゃんとぽんちゃんを、
描かせていただきました。
>>猫2匹の後ろ姿をパステルで

今回は、まめ君というハンサムで美しい毛皮の、
猫さんを描かせていただきました。

Sさんの家に来てもうすぐ3年だそうですが、決して触れないのだとか。
全力で逃げて、カメラも嫌いで、寝てる写真が多いのです。

しかし、ごはんを食べたら、見えるところまできて、
一生懸命、顔を洗って、ごちそうさま! という律儀な猫ちゃんです。


mameta-hikari (1)
私の場合、肖像画は猫ちゃんから先に描きます、描いてから猫の部分にトレぺをかけて汚さないように描きます



mameta-hikari (2)
色の置き方を探ります、このあと10時間くらい迷いつつ色を重ねて出来上がりです



gakusonew.jpg
額装したようすです、バックの柵が映りこんでごめんなさい



続いて、まめ君の愛らしい写真と作品がありますので、ご紹介していきますね。

*今回、初めてシュミンケのパステルを使ってみました。
以前、使おうとしたときに、もろくて粉々になるので困ったものです。

しかし、短めに持って強い描き込みをしたり、
一回、目の粗い紙にこすって粉状にしてからバックに均一に伸ばすのには、

とても使い勝手の良いパステルであることがわかりました!
>>シュミンケ パステル





Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫の肖像画 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |