RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

中善画廊さんは便利で親切♪

2013.03.05 Tue
006.jpg
メール便で頼んだ擦筆(さっぴつ)、おまけに卓上カレンダーも


近日、近所の画材屋さん1件と文房具屋さん2件が廃業し、
鉛筆、練り消し、メンディングテープとかが切れたとき、
とっても不便だった。

そこで見つけたのが、楽天市場の、
中善画廊さん。

薄型(2cm以内)の梱包ができる商品は、
メール便で、送料:¥210が利用できるんです。

私は普段、新宿の世界堂で画材を買いますが、交通費が360円かかり、
往復して買い物をすると、2時間はかかってしまうのです。

なので、中善画廊さんは救いの神です。
画材のバラエティーも多いのが魅力。

スポンサーサイト
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:道具・技術 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

ねこ2 転写、モノタイプとモノプリント

2007.11.22 Thu
mononeko300.jpg

↑画像をクリックすると拡大

ねこ2 350×270画仙紙、アクリル絵の具、リターダー

前回の転写の方法で、猫のクロッキーをもとに、描いてみました。

筆跡のある部分が、ガラスにアクリル絵の具で描き、画仙紙に転写をしています。

黄色とオレンジ色で滲んでいる部分は、後から水彩絵の具で入れています。
洗面所に水を溜めて、画仙紙を浸しながら水彩絵の具を滲ませました。



Category:道具・技術 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |

転写、モノタイプとモノプリント

2007.11.19 Mon
tennsyaOK300.jpg

↑画像をクリックすると拡大

ねこ 350×270画仙紙、アクリル絵の具、リターダー

近日、楽しんでいる描き方に、転写があります。
絵の具のかすれやズレが、面白い感じに出るのが、魅力です。偶然的な度合いも強くできます。

簡単に言えば、手書きの版画のようなものです。
上の絵は、ガラスに描いた絵(黄色とオレンジ色)を、画仙紙に転写し、一回乾かしてから、2版目(青と黒)を転写しています。

2版目は、ズレてしまいましたが、またそれも味わいになるかもしれません。

絵の具の乾きが速いときは、リターダー(絵具の乾燥時間を遅らせる効果があります)を使うと遅くできます。

ターナー リターダ...

ターナー リターダ...

価格:273円(税込、送料別)



アクリル絵の具で転写すれば、紙が乾いたときに耐水性になります。
その上から水彩絵の具で滲みを入れたり描いたりできるのが、メリットです。

pics_0321_033_06.jpg

▲ガラスあるいはプラスチック透明板に直接描く。
多版刷りにする場合は、下書きをガラスの下に敷き、版がずれないようにアタリをつけておく。

tennsya250.jpg

▲こちらが、1版目を転写したところ。
もう2版目は、青と黒のアクリル絵の具で描き、仕上がりとした。

■モノタイプとモノプリントとは?
「モノタイプ」とは、ガラスや金属板などの表面にインクや絵の具などで直接描画し、これに用紙をあててプレスする版画のことを言う。

モノタイプの類似用語として「モノプリント」というものもあるが、厳密には、モノタイプが通常の意味での版をもたないのに対して、モノプリントでは版を用いながら手彩色やコラージュを付加して1点制作とした版画を指す。


Category:道具・技術 | Comment(3) | Trackback(-) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。