RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

猫空間その9 アクリルとメディウムで猫を描く

2016.07.30 Sat
nekoku9-300.jpg
猫空間その9 F4キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

neko09.jpg
Cat Gallery 2009 Calendarより

猫のゆるんだ姿、温かく漂う空間、古びた建物が猫の一部のようにしっくり似合っています。
猫って、いいなあ。。。
ちなみに、このモデル猫さんは、メスです。
大姉御っていう雰囲気ですね。

左上のオレンジの部分、真ん中上の黒い部分は、転写(リプリント)です。
転写したあとにグレーズしたり、細かい部分を描き足したり、ヤスリで削ったりするとおもしろい効果が出ます。
猫の下の白っぽい色味は、ジンクホワイト(半不透明絵の具)で描き、下の色が透けるような感じにしてみました。
チタニウムホワイト(不透明絵の具)だと透ける感じが出しにくいようです。

*グレーズグレージング)とは?
描き乾いたモチーフに、水やメディウムで薄めた絵の具で薄く色をかけることです。より深みのある透明感を表現する方法と言われます。


スポンサーサイト
Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(10) | Trackback(-) | top↑ |

猫空間21 インド ジャイプルの扉と猫 アクリル画

2011.05.11 Wed
nekokuxx300_20110412163607.jpg
猫空間その21 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

今回は、壁、扉、わきの板、猫のいる石など、
かなりこだわりつつ力をこめて描きました。

制作過程でイメージやつかう技法は決めていたのに、
いろいろな要素が主張しあい、
バランスが良くない感じがありました。

師匠も教えてくださったのですが、
画面の中で大きな調子を作っていくことが大切。
その難しさを身を持って感じました。

絵自体は、下地やコラージュ、リプリントなど、
何度か修正しているので、それなりの奥行きは出ているので、
後半は、トーンやタッチの流れをまとめていく作業になりました。

完成作品は、自分では、かなり気に入っています。

今回、しつこく元気に描き続けられたのは、
この原案となったお写真のおかげです。


artph300.jpg
TRIPTRACKSさんのお写真 インド ジャイプル

インド、ミャンマー、ラオス、オーストラリアなどを、
撮影されているカメラマンで、
「その土地の人や風景を写し撮る中で、地元の魅力を発信したい」
とのことです。


Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

アクリル画新作 猫空間その22 猫は居心地の良い場所に

2011.03.19 Sat
nekoku22-300.jpg
猫空間その22 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

ハンス・シルベスターさんの写真から、
イメージをいただいています。

猫って、ほんとう、気持ち良さそうな場所にいますね。
木漏れ日にあたりながら、ゆったりと瞑想していそうです。

今回も、1ヶ月ほど時間がかかりました。
もう1作並行して描いているのも、あと少しでできあがります。

私は東京住まいですが、電池、ろうそく、携帯ラジオ、
トイレットペーパーなどが売り切れていて、
けっこう不安ですし、驚いています。

描いているときが、いちばん気持ちが集中できます。
生命と身体はあるのだから、もっと描いていきたいです。

今回の地震で、被害にあわれたかた、
どうかお気持ちを落とされず、
お体に気をつけてお過ごしください。

私でさえ暗い気持ちなのですから、
被災されたかたがたの心労は計り知れません。
でも、状況は少しずつ良くなると信じています。

catmodelC250.jpg
ハンス・シルベスターさんの写真



Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。