RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

アクリル画にパステルを使う

2011.01.22 Sat
アクリル画にパステルを使用できるかどうか、
ご質問いただきましたので、
アクリルとパステルを併用している作品をご紹介します。


nekoku14-300_20110122145818.jpg
猫空間14」では、絵のバックにソフトパステルを使っています。 ↑クリック拡大

下地は、ジェッソに胡粉を混ぜたものを、
パレットナイフで平滑にして作っています。

パステルは、色の拡がりやグラデーションは出しやすいですが、
細かい描写は、難しいかもしれません。

パステル鉛筆で、ある程度描けますが、
アクリルを用いたほうが、もっと細かい描写ができると思います。


hokorobimarobitu12.jpg
ほころびまろびつ」では、猫の体全体に、
ソフトパステルを使用しました。
しかし、強調したい部分は、アクリルで補っています。

パステルで、色の感触を確かめて、
アクリルで描いていった、という感じです。


mihonbig300.jpg
試みに、ジェッソのみのキャンバス中目に、   ↑クリック拡大
ソフトパステルで描いてみました。
ジェッソに胡粉を混ぜれば、もう少しノリが良くなります。

試しに小さいキャンバスなどで、
どの程度のノリ具合か確かめてみると安心です。


■参考
・アクリル画の下地作成
・アクリル画の下地作成 2
・アクリル画の下地作成 3

スポンサーサイト
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:アクリル画の描き方 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

アクリル画 修正 ステップ 画像つき

2010.11.29 Mon
nekokukan20 X
猫空間その20 修正開始

一度は完成と思った作品ですが、
見ていて居心地が悪く、どうも納得できません。
とくに、石壁の下とドアの感じが良くないようです。

もういちど、方解石(ストーンマチエール)と、
モデリングペースト、ジェッソで下地を修正してみましょう。
*この前の制作ステップは、アクリル画 描き方 ステップ 画像つき1


sitaji1.jpg
まず、左上などにリプリント(転写)をします。
リプリント(転写)の方法はこちら

sitaji2.jpg
ドアの金属製の取っ手は、イヤリングをはりつけて。
ドア全体は、ジェッソとモデリングペーストを混ぜたもので、
もう一回、塗りなおします。
そして、目打ちで文様をつけます。


sitaji3.jpg
本物の木の皮をコラージュ。
木製の鉢カバーの皮をいただきました。


sitaji5.jpg
方解石(ストーンマチエール)とジェッソで、
厚く粗く盛り込んで、割れ目のような傷をつけます。
方解石は、ヤスリでこするとキラキラと輝くので、おもしろい!


sitaji6 300
これで、ほぼ下地修正終了です。
ちゃんと、絵になるのか、ちょっと心配。


sitaji7 300
そして下塗りを直します。このステップで、きれいに直しておくと、
絵の具の明るさ、鮮やかさが見分けやすく、あとの作業がしやすく楽です。


nekokukan20-300.jpg
猫空間その20 修正完了!

仕上げる前には、紙ヤスリでぼかしたり、
削って下の色を出したりします。

Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:アクリル画の描き方 | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |

アクリル画 描き方 ステップ 画像つき1

2010.11.21 Sun
nekokukan20-300.jpg
猫空間その20

この絵は、古びた扉や石の壁とふんにゃりした猫がテーマです。
こちらの作品の描き方と制作過程をご紹介します。

nekokukan20A.jpg
軽くスケッチし、3回ほどジェッソを塗り乾かしてから、モデリングペースト、
モデリングペーストサンディ、ジェッソと胡粉で、マチエールを作ります。
汚したくない部分は、マスキングテープで保護します。

nekokukan20C.jpg
絵の窓部分にリプリント(転写)を施します。
リプリント(転写)の方法はこちら

nekokukan20D.jpg
画面手前のほうは、粗い砂、コーヒーカスを使って、凸凹を強調します。

nekokukan20E.jpg
1回目の下塗りの状態。明るい色を使っています。
転写を強めに修正してます。

nekokukan20 X
今回は、派手な色使いに挑戦しようとして、
ほぼできあがった作品がこちらです。

しかし、どうもピンときません。
風情がなく薄っぺらな感じがするのです。

なぜ、良くないのだろう?
数日考えた後、修正することにしました……続く(=^・^=)

Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:アクリル画の描き方 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。