RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

コラージュの油絵での方法

2011.01.29 Sat
Jackson Pollock
ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)
カット・アウト(Cut-Out)
絵の具をキャンバスにたらしたり散らしたりして全体を描き、
あとから人型を切り抜いて、新たなキャンバスを張っている。


■コラージュの歴史

コラージュは、画面に布や紙などの異物を、
「糊で貼る」という意味で、
構図や色彩、材質感の差の面白みを狙った技法です。

ピカソの「籐椅子のある静物」1912年が、
絵画史上初めてのコラージュ作品と言われています。

ピカソ、ブラックなどが先駆者となり、
エルンスト、ミロ、ポロックなども、
個性的な画面を作り出しました。

針金、レース、縄、和紙などを貼り付けるなど、
いろいろな表現技法に広がっています。


■油絵でのコラージュの方法

油彩の場合、画面の上にコラージュするときは、
絵が完全に乾いてから貼るようにします。

貼る部分に、接着剤として、
樹脂系(コーパルガムなど)ニスを塗り、
ニスが乾燥する、少し前に貼り付けます。
*ワニス、ジェルメディウムでも接着できます。
http://www.talens.co.jp/product/acrylic_assist/index.html

コラージュするものは、
軽くて比較的薄く、
変質しにくいものが良いです。


■絵の具の中間層に貼る場合

油絵で描きこんでから、
和紙や目の粗い布、印刷物を画面に貼り、
その材質を活かしながら描くこともできます。

貼るものには、あらかじめ油分を吸収しないように、
ボンドやメディウムを塗っておきます。
なにもしないではると、剥離することがあるので、
適したメディウムや濃さを調節してみてください。

表現技法のことなら、古本なら1050円!
 ↓
表現技法エッセンス (みみずく・アートシリーズ)


スポンサーサイト
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:油絵の描き方 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。