RSS|archives|admin

猫空間その18、アクリル絵の具で幻想的な闇を

2010.02.28 Sun
nekoku18-300.jpg
猫空間その18 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

neko18B.jpg
リプリント(転写)と細かいクシでつけたマチエール

neko18A.jpg
猫の目鼻立ちは、ルーペで見ながら描いた

nekoC.jpg
モデペ サンディのこの粒々は五穀米の跡

neko18D.jpg
こういう青の配色と下地が好き

アクリルとメディウムで、幻想的な夜霧に白猫がさまよう空間を描いてみました。
猫空間その13」を神秘的に青系統で表現したい! リプリントやコラージュ、下地の作りこみで、画面からいろいろなイメージが湧いてくるかもしれない画面を描いてみました。「あれ? これは!」という驚きや面白みの多くある絵をめざしています。
そして、この絵を描く途中、絵の頂点を極めたような「おぉ!」という感じの瞬間がありました。が、それでもしつこく描き加えていたら、下り坂を転がり始めました。転がっていくものに無駄な抵抗をして、どんどん時間が経ってしまい、風邪もひいてしまい……、少し一休みしてこの絵にいたりました。
今までの作品の中でいちばん時間をかけて描き上げた絵となりましたが、この白猫には、空間のとりかたとか、光の入れ方とか、いろいろなことを教えてもらったように感じます。
この絵の三日月は最初から、6個の星は転がってから、描き加えました。

>>アクリル画の描き方の本はこちら

Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(12) | Trackback(0) | top↑ |

猫を包装紙できれいに包む方法♪

2010.02.19 Fri


猫を包装紙できれいに包む方法、見ました?
この猫ちゃんが妙に、大人しくシュールです!
こんなプレゼントだったら、ちょっと大きめ猫ちゃんだけど、やっぱりかわいくて、もらってしまいます。

愛猫=鹿の子なら、包装紙に突撃してくるか、包もうとしたら尾っぽをタワシのようにして、怒ると思います(=^・^=)

Theme:ペットを愛する人の必見情報 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫などの写真・動画 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

猫空間その19、パールホワイト(雲母)を使って

2010.02.16 Tue
nekoku19new-300.jpg
猫空間その19 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

「猫空間その9」の黒猫を白猫にしたらどうだろう? そして、バックを青系統にしてみたいと思い、描いたアクリル画です。
最初は、バックのほとんどが青系統だったのですが、寂しい感じがして暖色を使っています。横線が多い絵なので、霧に包まれたように白や薄い緑をスポンジや布で配しました。
手元に、ホルベインのパールホワイト(雲母の粉)があったので、霧状の部分に混ぜ込み紙やすりですったところ、落ち着いた輝きが出て来ました。写真では、少し分かりにくいかもしれませんね。
白猫の下地には薄いピンクを使って、温かさが感じられる白にしてみました。
白猫が、気持ち良さげに横たわれる空間がアクリルで表現できていたらいいな、と思い描き進めました。

*この雲母なのですが、日本画では、雲母絵(きららえ)といって、錦絵の一種で役者絵などの地に雲母の粉末をニカワに混ぜてすりこむのだそうです。
粉の雲母が画材としてまだ出ているか確認したところ、ホルベインの顔料で、「PG160 PG360 パール ホワイト」というのが出ているようです。値段は不明。
雲母が成分かどうか分かりませんが、ターナーのアクリルガッシュチューブで、「単色・カラーパール色20mlカラーパールホワイト(税込 357 円)」というのが、販売されています。こちらは、アクリル画はもちろん、ネイルアートにも使えるそうです。


Theme:猫の絵 | Genre:趣味・実用 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(8) | Trackback(0) | top↑ |