RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

コラージュの油絵での方法

2011.01.29 Sat
Jackson Pollock
ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock)
カット・アウト(Cut-Out)
絵の具をキャンバスにたらしたり散らしたりして全体を描き、
あとから人型を切り抜いて、新たなキャンバスを張っている。


■コラージュの歴史

コラージュは、画面に布や紙などの異物を、
「糊で貼る」という意味で、
構図や色彩、材質感の差の面白みを狙った技法です。

ピカソの「籐椅子のある静物」1912年が、
絵画史上初めてのコラージュ作品と言われています。

ピカソ、ブラックなどが先駆者となり、
エルンスト、ミロ、ポロックなども、
個性的な画面を作り出しました。

針金、レース、縄、和紙などを貼り付けるなど、
いろいろな表現技法に広がっています。


■油絵でのコラージュの方法

油彩の場合、画面の上にコラージュするときは、
絵が完全に乾いてから貼るようにします。

貼る部分に、接着剤として、
樹脂系(コーパルガムなど)ニスを塗り、
ニスが乾燥する、少し前に貼り付けます。
*ワニス、ジェルメディウムでも接着できます。
http://www.talens.co.jp/product/acrylic_assist/index.html

コラージュするものは、
軽くて比較的薄く、
変質しにくいものが良いです。


■絵の具の中間層に貼る場合

油絵で描きこんでから、
和紙や目の粗い布、印刷物を画面に貼り、
その材質を活かしながら描くこともできます。

貼るものには、あらかじめ油分を吸収しないように、
ボンドやメディウムを塗っておきます。
なにもしないではると、剥離することがあるので、
適したメディウムや濃さを調節してみてください。

表現技法のことなら、古本なら1050円!
 ↓
表現技法エッセンス (みみずく・アートシリーズ)


スポンサーサイト
Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:油絵の描き方 | Comment(3) | Trackback(0) | top↑ |

アクリル画にパステルを使う

2011.01.22 Sat
アクリル画にパステルを使用できるかどうか、
ご質問いただきましたので、
アクリルとパステルを併用している作品をご紹介します。


nekoku14-300_20110122145818.jpg
猫空間14」では、絵のバックにソフトパステルを使っています。 ↑クリック拡大

下地は、ジェッソに胡粉を混ぜたものを、
パレットナイフで平滑にして作っています。

パステルは、色の拡がりやグラデーションは出しやすいですが、
細かい描写は、難しいかもしれません。

パステル鉛筆で、ある程度描けますが、
アクリルを用いたほうが、もっと細かい描写ができると思います。


hokorobimarobitu12.jpg
ほころびまろびつ」では、猫の体全体に、
ソフトパステルを使用しました。
しかし、強調したい部分は、アクリルで補っています。

パステルで、色の感触を確かめて、
アクリルで描いていった、という感じです。


mihonbig300.jpg
試みに、ジェッソのみのキャンバス中目に、   ↑クリック拡大
ソフトパステルで描いてみました。
ジェッソに胡粉を混ぜれば、もう少しノリが良くなります。

試しに小さいキャンバスなどで、
どの程度のノリ具合か確かめてみると安心です。


■参考
・アクリル画の下地作成
・アクリル画の下地作成 2
・アクリル画の下地作成 3

Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:アクリル画の描き方 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

猫空間21、制作経過

2011.01.17 Mon
nekokukan21keika.jpg
                       ↑クリック拡大

猫空間21、F6が、少しずつ形になってきました。
マチエール作りに、またも懲りすぎてしまって、
でもまだ、盛るつもりです。

扉や板は、ちょっと凝った引っ掻きをしてみました。
絵の具の乾かないうちに模様をつけるので慌しい!

しかし、リターダーという、
乾燥を遅らせるメディウムがあるので、
思ったよりスムーズにできました。

彩色はこれからもっと上塗りしていきますので、
深みが増してくるはずです。

今回、味のある強力なお写真をとられる、
カメラマンのかたのお写真を参考にさせていただきました。

TRIPTRACKSさん、インド、ミャンマー、ラオス、オーストラリアなどを、
撮影されているかたで、
「その土地の人や風景を写し撮る中で、地元の魅力を発信したい」
とのこと。
ステキなお写真ばかりです。
ご覧になってみてください。


Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。