RSS|archives|admin

手術後の猫-自由自在に

2014.01.26 Sun
cat (1)
抜糸直前の鹿の子


子宮摘出の手術を受けた鹿の子、
1月24日、動物病院に行き、抜糸をしてもらい、
エリザベスカラーを外してもらいました!

「これで新品同然です!」という、
阿部院長先生の言葉が嬉しかったです。
あと5年くらいは生きられますよ! と。


cat (3)
新品同様の鹿の子は、好きな格好でぐっすり


エリザベスカラーを着けた鹿の子は、正直、怖かったです。
ブルドーザーのように、テーブルや台所のものを落とし、
プラスチックのカラーで、私の顔に、やたら頬ずりするしね。

マイケル・ジャクソンのように顔を左右に振りながらステップし、
ロボコップのような機械的な動きで、窮屈さを訴え、
ターミネーターのごとくパワフルに復活し……。

たとえが古くてごめんなさい、
でも、本当、鹿の子の生命力や訴える力の強さに感動しました。


cat (4)
こういう風に自由自在に寝たかったの……


エリザベスカラーを外してもらった鹿の子は、
もう、もう、好きな首の角度で寝ます♪
起こさないでください~!
と体中で叫んでいます。


cat (2)
耳の後ろにあるイボも、引っ掻くと危ないとのことで取ってもらいました


この手術をしてくださったのは、
高円寺動物病院の阿部院長とスタッフの方々です。
杉並近辺で、とても評判の良いお医者さんです。

10年以上前に、どの獣医さんも見捨てた、
鹿の子のてんかん発作も治していただきました。

ペットの病気で悩んでいる方は相談されると良いと思います。

■猫の癲癇(てんかん)発作の対応方法

Theme:猫のいる生活 | Genre:ペット |
Category:お知らせ・雑感など | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |

猫の手術、成功です!

2014.01.18 Sat
neko (3)
我が家に戻って安心な鹿の子


先日、記しましたように、
11日、愛猫の鹿の子=16歳が子宮から大量出血しまして、
14日、手術を受けることとなりました。

14日午後4時に、獣医さんより、
猫の手術は、成功したとの連絡が入りました♪
しかし、2泊3日のはずが3泊4日入院となり心配……。

鹿の子の手術は、良性の腫瘍のある子宮と、
その周りの水泡を摘出するのが主な目的でした。

猫の16歳は、人間で言えば70代くらい?、
体力的にもてば良いのですが、
いろいろ悪いことを考えてしまい悶々としていました。

入院して、まわりに見知らぬ犬や猫がたくさん居る状況も、
神経質な鹿の子には、かなりキツイと思いました。
それが、3泊4日ってだいじょうぶなの?


neko (4)
エリザベスカラーが苦手だけれど、頑張って眠ってる(笑


neko (1)
手術後はこんな感じで、避妊手術とほぼ同じです


……っと、間抜けな話ですが、

私、15日に、ぎっくり腰になりました(汗
クリスマスローズの初めての蕾ができていて写真を撮った直後です。
30分間、冷たいコンクリートの庭で横たわっていました。

年末にプリンターが、先日にパソコンが壊れ、
重たいものを1階、2階へと移動したり、セットしていたことや、
鹿の子の何回もの送迎が、きつかったのだと思います。


しかし、ブロック注射とコルセット、鎮痛剤で人並みになり、
鹿の子を迎えに行きました!

ちょっと、やつれてはいるものの、
食欲もあり、体調は良いとのこと、安心しましたよ~。

18日の本日は、超甘えっ子しています!
追って、お伝えしますね。

Theme:猫のいる生活 | Genre:ペット |
Category:お知らせ・雑感など | Comment(7) | Trackback(0) | top↑ |

鹿の子の手術、決定

2014.01.12 Sun
kanoko.jpg


一昨日、パソコン、クラッシュし、
鹿の子の写真すべて(1000枚)と全仕事のデータ(うん十万円分)を、失くしました。


そして、昨日、鹿の子が、子宮関連の大出血を再発しまして、
病院検査の後、手術することを……決意しました。

半年前の大出血では、手術に持ちこたえられないかも、
ということで、躊躇していましたが、
今回の、検査などで、体調は、かなり良いようです。

16歳ですが、血液検査、エコーなどで、
手術に耐えられそうとのことです。
さらに、あと5年は生きられるとのこと。

ほんとうにその言葉を信じている訳ではありませんが、
この可能性にかけないと、後がないだろうと感じています。

また、伯父が亡くなりました。

こういうことって、続くのですね。
鹿の子は、2泊3日で、14日手術です。


Theme:猫のいる生活 | Genre:ペット |
Category:お知らせ・雑感など | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |