RSS|archives|admin

猫の夏バテ対策

2014.09.21 Sun
neko-natubate (1)
歯はじょうぶなのが何より


夏日が続いたとき、6月初めでしょうか?
愛猫の鹿の子16歳が、バテてしまい、
2日間、食事ができなかったのです。

前の年までは、残暑で体調を崩して食事ができないことがありました。
逆に言えば、8月末までは、どうにか体調を維持できた訳です。

ちょっとバテるのが早すぎて慌ててしまい、
ネット検索してみましたが、有効な手段はあまりなくて、
体力が維持できているうちに獣医さんで点滴を受けるのが、
一番、良いみたいですね。

獣医さんへの往復は、3000円以上かかるので、
毎日だと、もっと稼がなくちゃね(笑

猫が、食事ができないときは、
ミルクや栄養分をシリンジ=注射器のようなもので少しでも与えて、
お腹の具合も薬で調整するように書かれていました。

また、家の中に冷房を入れた部屋と、無冷房の部屋を作り、
猫が好きなように行き来させるのが良いと……。

猫が好きなように行き来させることは、
うちの場合、1階と2階の途中に玄関があり構造的に無理なのです。
一部屋で飼われているかたは、かなりたいへんなことですね。

我が家は、ちょっと大工仕事ができれば、
内開きの網戸みたいのを作るのが良いようです。


neko-natubate (2)
目つき顔つきは、まだ良さそう……


猫のアルミスノコやひんやりマットは、
鹿の子は、絶対使いません(涙

昨日、今日と30度になるはずの東京が、
それほど暑くならずに、天の神に感謝しています。


natubatetaisaku.jpg
1週間間隔で、いろいろ買ってしまう(;^_^A アセアセ


今回のアルミスノコも、気に入ってもらえなかったようです。

2014.06.14

Category:猫などの写真・動画 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |