RSS|archives|admin

猫の置き物の作り方 2

2006.03.11 Sat
大きい立体を作るときには、中に発泡スチロールや紙で、芯をつくります。この猫は高さ20センチです。


▲できるだけ固めに芯を作ります。


▲粘土を少しずつ付けて、猫の形にしていきます。

作りながら、いろいろな方向から見て、形をチェックして猫らしいポーズを出していきます。
乾くのに5~7日。さあ、いよいよ色付けです♪
もし、気になる部分があったら、やすりなどで削ることもできます。

関連記事


Theme:こんなの作りました♪ | Genre:趣味・実用 |
Category:猫の立体 | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<猫を描こう-クロッキー | HOME | 猫の置き物の作り方1>>

うなうなさん

こんにちは♪
遅くなりまして、ごめんなさい。

粘土はパーツに分けずに、
徐々に全体を作っていくほうが、
良いと思います。

芯は、新聞紙にタコ糸などを巻いて形作るのが、
粘土の伸縮に強いので、
自分としては良いと思うのですが、
その粘土メーカーに訊くのがいちばんだと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。
NMgcaBO6 | kano | URL | 2012.04.26(Thu) 20:08:24 | [EDIT] | top↑ |

no subject

はじめまして!

猫の置き物を作ろうと思っていてたどり着きました
とってもお上手ですね!
わたしもこんな風に作りたいです(´ω`)

ぜひお知恵をお借りしたいのですが、
粘土細工を作る時って注意点とかありますか?

乾いた部分に、新たに乾いてない粘土を足したりすると
後から崩れたりしちゃうのでしょうか?
首や体のパーツごとに分けて作るのをイメージしていたのですが、
上の猫ちゃんは全体に少しずつ付けていっているようなので
疑問に思いまして‥。

作るのはガーデニング用の置き物で
ひなたぼっこという粘土を使用し、
大きめに作るので
芯はビンを入れようかと考えています。

突然ですみません
失礼いたします><
- | うなうな | URL | 2012.04.22(Sun) 23:18:46 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://cats2004.blog50.fc2.com/tb.php/22-25db47c7