RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

パステルの使い方と技法 その2

2007.04.27 Fri
パステル画では、パステルを混ぜ合わせるのが、一般的な描き方です。
しかし、イギリスの画家、ジョン・ブロックリーは、
その著書=パステル画入門でこう述べています。

パステル画には、指で色を混ぜ合わせる技法があります。
ただしやり過ぎると、パステルの輝きが失せて、つやのない画面になってしまいます。
……中略
こすりの技法は最小限にとどめるべきです。
私はパステルの輝きを大切にして、こする場合でも、慎重に色をほんの少しだけ混ぜ合わせて、パステルのざらざらした質感と対比させる程度にしておきます。

expasu620-2a.jpg
▲指でこする技法

expasu620-2b.jpg
▲クロスハッチングのみの技法(粉が輝く)

expasu620-2c.jpg
▲使用した色

ジョン・ブロックリーの描き方を取り入れようとすると、混色をわずかしか用いないのでパステルの色数が、ある程度必要になってくるかもしれません。
パステルは、必要な色目をバラで足していったほうが、経済的で楽しいように思います。

ジョン・ブロックリーのパステル画、水彩画は、光と影の捉えかたが素晴らしく抑えた色味も魅惑的です!


パステル画入門

>>パステル画の描き方の本はこちら
関連記事


Category:パステル画の描き方 | Comment(4) | Trackback(0) | top↑ |
<<ひまわり2007その1 パステルで描く | HOME | パステルの使い方と技法 その1>>

みっきさん

はじめまして。
私も、普通は、パステルをこすっています。

しかし、ジョン・ブロックリーのパステル画を、いちどご覧になってください。
力強くて、いいですよ。
NMgcaBO6 | kano | URL | 2008.01.15(Tue) 08:04:56 | [EDIT] | top↑ |

なるほど・・・

たしかに色のブレンドは濁りという側面もありますね。
ただ、輝きだけが絵画の質ではないので、輝かせたいころだけ混ぜなければいいのだと思います。
僕は9割以上指でこすってますよ。
nPZDV8ec | みっき | URL | 2008.01.13(Sun) 09:31:17 | [EDIT] | top↑ |

ともやさん

こんにちは♪
あ?
説明不足かもしれません。

指で混ぜるのが一般的なのですが、
それだけですと、粉の輝きの効果が少なくなります。

難しいところですね(^.^)
NMgcaBO6 | kano | URL | 2007.04.29(Sun) 16:38:06 | [EDIT] | top↑ |

こんばんは!

指でやるのって基本的なやりかたではないんですね!
どおりで指がいたくなるわけですよね(^^;)
二枚目の写真の技法でいつか描いてみたいな~(^^)
ただ、むずかしそう(@@;)
練習あるのみですよね!
G/R0oQrY | ともや | URL | 2007.04.28(Sat) 20:57:57 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://cats2004.blog50.fc2.com/tb.php/399-a681d48b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。