RSS|archives|admin

古墳時代にネコ猫渡来? 日本史を塗り替える新発見

2007.09.04 Tue
猫は、いろいろなものを塗り替えるのですね♪

■古墳時代にネコ猫渡来? 須恵器に足跡

9月4日6時1分配信 産経新聞

兵庫県姫路市四郷町の「見野(みの)古墳群6号墳」から、ネコではないかとみられる小動物の足跡がついた6世紀末~7世紀初頭の珍しい須恵器が発掘された。ネコの足跡とすれば、渡来は奈良時代(8世紀)という通説を覆し、古墳時代にすでにネコが渡来していたことになり、日本史を塗り替える“新発見”となるかもしれない。

足跡は、「杯身(つきみ)」と呼ばれるふた付き食器の内側に、直径約3センチほどのツメのない5つの肉球と掌球とみられる形がくっきりと残っていた。発掘後に洗浄作業をしていた立命館大の学生が見つけた。

焼く前の器を乾燥させているときに、偶然踏まれてついたとみられる。調査にあたった立命館大の南部裕樹講師によると、小動物の足跡が残っている土器が発掘されるのは「極めてまれ」で、ネコとみられる足跡がついていたことについても「見たことも聞いたこともない」と話している。

関連記事


Category:お知らせ・雑感など | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<お化粧大好き♪ 黒猫シリーズ | HOME | オイルパステルのとても良い教本!>>
name
title
mail
url

[     ]