RSS|archives|admin

転写、モノタイプとモノプリント

2007.11.19 Mon
tennsyaOK300.jpg

↑画像をクリックすると拡大

ねこ 350×270画仙紙、アクリル絵の具、リターダー

近日、楽しんでいる描き方に、転写があります。
絵の具のかすれやズレが、面白い感じに出るのが、魅力です。偶然的な度合いも強くできます。

簡単に言えば、手書きの版画のようなものです。
上の絵は、ガラスに描いた絵(黄色とオレンジ色)を、画仙紙に転写し、一回乾かしてから、2版目(青と黒)を転写しています。

2版目は、ズレてしまいましたが、またそれも味わいになるかもしれません。

絵の具の乾きが速いときは、リターダー(絵具の乾燥時間を遅らせる効果があります)を使うと遅くできます。

ターナー リターダ...

ターナー リターダ...

価格:273円(税込、送料別)



アクリル絵の具で転写すれば、紙が乾いたときに耐水性になります。
その上から水彩絵の具で滲みを入れたり描いたりできるのが、メリットです。

pics_0321_033_06.jpg

▲ガラスあるいはプラスチック透明板に直接描く。
多版刷りにする場合は、下書きをガラスの下に敷き、版がずれないようにアタリをつけておく。

tennsya250.jpg

▲こちらが、1版目を転写したところ。
もう2版目は、青と黒のアクリル絵の具で描き、仕上がりとした。

■モノタイプとモノプリントとは?
「モノタイプ」とは、ガラスや金属板などの表面にインクや絵の具などで直接描画し、これに用紙をあててプレスする版画のことを言う。

モノタイプの類似用語として「モノプリント」というものもあるが、厳密には、モノタイプが通常の意味での版をもたないのに対して、モノプリントでは版を用いながら手彩色やコラージュを付加して1点制作とした版画を指す。
関連記事


Category:道具・技術 | Comment(3) | Trackback(-) | top↑ |
<<「黒猫シリーズ」のクリスマスバージョン | HOME | 腹筋の強い猫?>>

ともやさん

こんにちは♪
コメント、ありがとうございます。

偶然にできる絵の面白さもあって、
この描き方は、気に入っています。

作り方は、難しくないですよ~。
ガラスの扱いが、危なくないように、少し気を遣います。
機会があったら、お試しください♪


みにゃんこさん

コメント、ありがと~♪
どちらかというと、実験的なことが好きなんですね。
ずっと、同じ技法で描いていくことも大切だと思うのですが、ついw

絵を、見ていてくださって、嬉しいです。
ソマリは、とくに好きな猫なんで、かなり熱が入りました♪

みにゃんこさんの絵も、優しくて猫の特徴を捉えていて、好きです!
NMgcaBO6 | kano | URL | 2007.11.20(Tue) 16:10:35 | [EDIT] | top↑ |

こんにちは。
いつも新しい技法にチャレンジして、kanoさんは勉強家ですね。
私のところにもコメントありがとうございます。
もちろん、ソマリに限らずkanoさんの作品は見てますよ!
いつも、暖かい気持ちになれます。
iWB62WFo | みにゃんこ | URL | 2007.11.20(Tue) 13:42:32 | [EDIT] | top↑ |

こんばんは!

これまた新しい技法!!
こういった感じも魅力的ですね~(^~^)
デザイン的な部分が強いし、部屋に飾ると部屋の中が洗練されそうです(^0^)
うわ~作り方むずかしそうだな~(^^;)
G/R0oQrY | ともや | URL | 2007.11.19(Mon) 22:00:55 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]