RSS|archives|admin

水彩画の保存方法について

2008.02.28 Thu
水彩画の保存について訊かれることがありますので、ここにメモしておきます。

水彩画は、マットをつけて額に入れた状態で保存・展示するのが理想で、絵の見栄えも違います。
直射日光の当たるところは、避けたほうが良いです。

額装しない場合、保存する上での最大の敵は、光線と湿気です。褪色やカビが生える原因となります。

スケッチブックのまま保存すると、湿気が閉じ込められ、絵が劣化します。
描いたらじゅうぶん乾かして1枚1枚はがして保存しましょう。

絵を丸めずに紙や布にはさんでケースなどに入れ、
ケースに除湿剤を入れるのも良いと思います。

私は、絵にトレーシングペーパーをかけ、画板やダンボールなど平らなもので挟んで立てて、乾燥した場所に保存しています。

小さな作品でしたら、クリアファイル(B4くらいまで)に挟んでおくのも良いようです。

このようにすると、水彩画は30年以上は軽くもつということです。


永山裕子さんの教本「透明感を生かして描く」。
花や景色を描かれるかたには、とても分かりやすく参考になる本です。


透明感を生かして描く
関連記事


Theme:創造と表現 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:絵の保存方法 | Comment(2) | Trackback(-) | top↑ |
<<猫の絵を描く3月のプレゼント「黒猫ギター★ポストカード」♪ | HOME | 毎日が猫の日♪>>

ともやさん

コメント、ありがとうございます。
私は、すっごく大事な作品、描き額を作るのに1ヶ月以上かかったパステル画を、カビで修復不能にしてしまったことがあるんです。

ですので、今後そういうことがないようにしようと思っているんですが、ときどき失敗します=(^‥^;;=アセアセ…
NMgcaBO6 | kano | URL | 2008.03.01(Sat) 16:30:33 | [EDIT] | top↑ |

こんばんは!

水彩画って繊細そうですね、昔描いたのとかなにも考えずにスケッチブックの中です(*_*)
保存がむずかしいんですね!
いつか使うときあったら気をつけます(゜o゜;)
さすがkanoさん詳しいですね!
G/R0oQrY | ともや | URL | 2008.02.28(Thu) 23:01:19 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]