RSS|archives|admin

透明水彩絵の具の色見本を作ろう!

2006.04.14 Fri


こちらは、固形水彩絵の具セット、
ウインザー&ニュートン社 透明水彩の自分で作った色見本です。
各社の透明水彩を使ってみましたが、ウインザー&ニュートンがいちばん発色と色味がきれいです。
ほかにホルベインの透明水彩絵の具も、追加してあります。

水彩絵の具は、見た目の色と溶いた色がかなり違うので、
このようなものを作っておくと便利です。
絵の具のラベルと、その絵の具で、パレットの並び順に色をつけています。
チューブのときは、色名を書いて実際の色を塗っておきます。
この色見本を作っておくと、実際に描くときに、
「あれ、色が違う?」と思うことが少なくなり、描くリズムとテンションを保てます!
また、絵の具を買い足すときにも、便利ですね。

水彩の技法やテクニックの、さまざまな技を高度なものまで示し、
写真入り図解でいちばん分かりやすい教本は、
水彩の技法百科―水彩 ガッシュ アクリルです。
現在新品は絶品のようですが、良い状態の中古が2点あるようです。

関連記事


Theme:創造と表現 | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:透明水彩画の描き方 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<うちのモデルさん=鹿の子 | HOME | わたしの!>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://cats2004.blog50.fc2.com/tb.php/64-784c0e49