RSS|archives|admin

アクリル画の下地作成

2006.04.18 Tue


キャンバスは、アクリル用を準備します。

1.キャンバスに、モデリングペースト、ジェッソ、砂、胡粉などで下地を塗ります。
2.筆の枝や楊枝、櫛、アルミ箔の丸めたものなどで、下地に模様を施します。
3.乾燥したら、ここで初めて色をつけます。
緑系のアクリル絵の具でグレーズ(薄く溶いた絵の具で色付け)して、乾燥します。
4.紙やすりで、凸部を削りジェッソの白を出し、黄色い絵の具でスパッタリング(歯ブラシや筆の穂先で絵の具を飛び散らす)して、乾燥させます。



5.青系統の絵の具で、グレーズします。
6. 要所を布で拭き取ってメリハリを出しましょう。

ここまでが、下地です。
手順は、アクリルアートという教本の小木曽誠氏の作品を、参考にしています。
このように趣向を凝らした下地の上に、絵を描くのは、緊張感もあり面白いものです。



 SM、各種メディウム、アクリル絵の具
完成作品です。要所要所に下地と色が見え隠れし、独特の味わいが出てきます。

関連記事


Category:アクリル画の描き方 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<大き目のアクリル画はミニラフを作ろう! | HOME | 愛猫の写真から絵を描いてみよう♪ 2>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://cats2004.blog50.fc2.com/tb.php/71-ad5f7717