RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

猫空間21、制作経過

2011.01.17 Mon
nekokukan21keika.jpg
                       ↑クリック拡大

猫空間21、F6が、少しずつ形になってきました。
マチエール作りに、またも懲りすぎてしまって、
でもまだ、盛るつもりです。

扉や板は、ちょっと凝った引っ掻きをしてみました。
絵の具の乾かないうちに模様をつけるので慌しい!

しかし、リターダーという、
乾燥を遅らせるメディウムがあるので、
思ったよりスムーズにできました。

彩色はこれからもっと上塗りしていきますので、
深みが増してくるはずです。

今回、味のある強力なお写真をとられる、
カメラマンのかたのお写真を参考にさせていただきました。

TRIPTRACKSさん、インド、ミャンマー、ラオス、オーストラリアなどを、
撮影されているかたで、
「その土地の人や風景を写し撮る中で、地元の魅力を発信したい」
とのこと。
ステキなお写真ばかりです。
ご覧になってみてください。


Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(9) | Trackback(0) | top↑ |

猫空間その20 古びた石壁と木の扉

2010.11.09 Tue
nekokukan20-300.jpg
猫空間その20 F6キャンバス、アクリル、胡粉ほか ↑クリック拡大

この頃、古びた扉や石の壁が、面白くて、
そういうなかに、ふんにゃりと猫が居たらいいな、
と思って、描いてみました。

ほぼ完成したときに、どうも納得できなくて、
もういちど、方解石(ストーンマチエール)と、
モデリングペーストで下地を修正し色も変更しています。

また、リプリントしたり本物の木をコラージュしています。
サインは、この絵だと左下に入れるのが一般的ですが、
ごつごつしすぎて描けないので、
ちょっと不思議な位置に入れています。

その修正過程は、後日アップできると思います。

nekokukan20 oyome
ご購入、額装していただいた作品。
「今後もドンドン羽賀さんの絵画を買いまくりますからね!」
というコメントに嬉し涙。

kuro oyome
黒猫シリーズ「Kuro36やった!」も良いポジションに♪


Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(13) | Trackback(0) | top↑ |

アクリル画下地制作に打ち込む日々

2010.10.16 Sat
nekokuu sitaji400-1
方解石(ストーンマチエール)を使ってヤスリをかけてみた、美味しそう?

nekokuu sitaji400-2
水色部分は、コーヒーカスを乾燥したもの

アクリル画の「猫空間シリーズ」、
次の作品を描いて1ヶ月以上経ってしまいました。

古びた扉と石の壁が、描きたくて、
方解石(ストーンマチエール)、サンド、胡粉などで、
いろいろな試みをしています。

結局、1ヶ月経って下地から作り直しているのですが、
自分が描きたい目標とするような扉、石壁になってくれません。

しかし、その扉や石壁は、きっと50~100年の年月を生き抜いて、
削ぎ落とされ、苔生し、修理され、また風雨にさらされ……たのでしょう。

1ヶ月やそこらでは、描けるはずがないのだと、
自らをなぐさめ鼓舞しています。

それが、できあがったら、
愛する猫たちの絵を描けるぜ~、Baby♪ ←清志郎風

Theme:アート・デザイン | Genre:学問・文化・芸術 |
Category:猫のアクリル画 | Comment(10) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。